WordPressをコマンドでインストールする(WP-CLI使用)

WordPressにてサイト製作されている方や私みたいにブログ用途でWordPressをお使いの方は結構いらっしゃると思います。

そのWordPressを個人で使う分には、問題ないですが勉強会などで大量インストールしないといけないときは少し辛いですよね。
そんなときに、活躍するのがコマンドラインでWordPressを操作できるWP-CLIです。
公式サイトはこちらです。

使用するまでに実行するコマンドは2つです。
wgetやcurlで落としてきて実行権限を与える。

ダウンロードしたファイルは、pharですのでそのまま実行が可能です。
様々なコマンドが用意されているので、気になる方はこちらを確認して下さい。

さて、今回使用するコマンドはcoreで、サブコマンドがdownloadconfiginstallになります。

説明すると、最新バージョンの日本語版WordPressのソースデータを”/var/www/html/wordpress/”に展開するコマンドになります。
※ソースデータの塊りも自動的にダウンロードしてくれる。

説明すると、wp-config.phpというWordPressの設定ファイルを自動的に生成してくれる。
もちろん、MySQL側の作業はお忘れなく!

説明すると、通常であればブラウザでhttp://example.com/を表示して入力項目に管理者アカウント名など入力しないといけませんが上記の方法だと一瞬で完了します。
特にhttpアクセスが発生するわけでもないのでhostsの記載は不要と思われます。

後は、http://example.com/wp-login.phpにアクセスしてお好みのページを作成しましょう。