AWS上のRed Hat Enterprise Linux 7(Maipo)について – 1

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+Print this page

AWSでRedhat7をインストールしてt2.microの検証をしていて思ったことが
多々あります。

ホスト名を任意のもの(ここではlocalhost.localdomainにする)に変更
したがサーバの再起動によりホスト名が初期値(プライベートIPの逆引き値)に
なってしまうことに悩んでした。

# nmcli general hostname
ip-172-31-XX-XX.ap-northeast-1.compute.internal

# nmcli general hostname localhost.localdomain

# nmcli general hostname
localhost.localdomain

上記のコマンドを使ってホスト名を変えることは可能
しかし、再起動を行うと…

# reboot

# nmcli general hostname
ip-172-31-XX-XX.ap-northeast-1.compute.internal

ホスト名が初期値に戻っているじゃん…

犯人はどこにいるの?

実は、CloudInitが犯人でした。
※CloudInitとは、EC2インスタンスを起動する時に設定を自動化出来るツール

CloudInitでホスト名が変更されないように設定する

# cd /etc/cloud/

# cp -p cloud.cfg cloud.cfg_20140713

# vi cloud.cfg
preserve_hostname: true

cloud.cfgに上記の内容を追記する

# nmcli general hostname localhost.localdomain

# nmcli general hostname
localhost.localdomain

サーバを再起動してもホスト名が初期値に戻らなくなりました。
まだまだ、気になる点がいくつかあるので解決したら掲載します。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+Print this page